スポンサーサイト

  • 2012.09.14 Friday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    ♪ しあわせに、しあわせに ♪

    • 2009.09.03 Thursday
    • 11:11



     かわいい姪がお嫁に行ってしまいました。

     ダーちゃんのお姉さんの娘さんです。

     生まれたときから知っていて、おかあさんといっしょが大好きで

     お嬢やぼんずと、いつも遊んでくれて・・・

     笑顔がキュートなかわいい姪です。

     しあわせに、しあわせに。

     ずぅーーーっと、しあわせに。


     よつばのクローバー

     テーブルに置かれたお花のデザインは姪っ子ちゃんが考えたそうです。

     "みーーーんな、しあわせに"って願いがこもってるんだって。

     ありがとう!!!

    続きを読む >>

    ♪Heaven All Stars♪

    • 2008.05.15 Thursday
    • 10:41
     

     えーーー、実家は料理屋を営んでおりまして、

     とある部屋の前には 生前、父が粋狂で書いた一枚の漢詩

     なんでも

     意味は『酒飲みと酔っ払いはこの門をくぐるべし・・・』

     といったようなコトが書いてあるらしいのですが、、、


     さて、ダイドコロでご飯を食べておりますと

     何故か?

     膝の上に冷蔵庫の中から竹の子の天ぷらが落ちてきて、

     『あら、誰も食べられ〜』と勧めてはくれないのね

     と思っておりますと、こりゃまた何故か目の前に母が・・・

     驚いて手を取ると(天ぷらのことはドコへやら・・・)

     母のほうが鳩が豆鉄砲食らったような目をして

     困ったように手を振りほどき

     『あら、あんた。なんでおるの?』

     ってなコトを?言ってまいりました。

     ふと目をやると、先に話しました部屋の前が騒々しい。。。

     よぉーーーくよーーーく見てみると、

     見知らぬ顔に混じって見覚えのある顔ばかりが面々と、、、

     あれ?K伯父ちゃん。あら、Iの伯父ちゃんも。。。
     あれ〜〜〜???Nおじちゃん〜〜〜(大工の棟梁)
     あ!Jっちゃん!?(父の従弟)
     ケロヨンの伯母ちゃんも、呉服屋のおじさん、おばさんも・・・
     なに???


     と思ったところで目が覚めましてん。

     ダーと子供たちを送り出した後、寒くて毛布を引っ張り出し
     居間でカチカチやってるうちに眠ってしまったらしく
     うつらうつらの夢だったようで・・・

     しばらくは???

     ん?ありゃりゃりゃりゃ!!!
     

     懐かしいその顔ぶれは、、、なんと!!!

     まさに”Heaven All Stars”


     あたしゃ、まだ仲間には入れんのやねぇ。

    ♪自分史♪

    • 2008.01.21 Monday
    • 11:09
     ふと・・・

     自分を振り返ってみた。

     自分の知っている自分は・・・ごくごく一部の自分で

     自分の知らない自分を知りたくなった。

     お嬢は、、、ちっこい頃

     『たまご』を『たがも』と言い

     『たがも』と教えると『たまご』と言った。

     ぼんずは、、、

     『雪』を『ゆき』と言えず『にゅき』って言ってたっけ。

     兄はと言えば、、、自分の名前を言えなくて「うずず」と言ってたから

     幼い頃は「うータン」と呼ばれてた。

     じゃ、、、自分は???

     幼い頃の自分を聞くことの出来る人が居なくなったことに気がついた。

     いちばん知って居るはずの人たちがもういない。

     子供を持って始めて聞きたいこと知りたいことが出来た時

     母はすでに他界してた。

     子育てしながら抱えきれないほどの愛を痛感した。

     だから、、、?というわけではないけど

     一生懸命、育児日記を書いた。

     お嬢は期待に応えてか?

     しょっちゅう入退院をし書き応えのある生活をくれた。(爆)

     入院こそしなくなったが心配は尽きない。

     ぼんずは、、、やんちゃ坊主だが、すくすくと大きくなっている。

     春には小学生だ。

     よる よる よる よる よる よる よる よる よる よる よる よる よる よる よる 


     父の葬儀の時、大好きで大切な従兄弟に16年ぶりで会った。
     父(母の兄)の代理と駆けつけてくれた。

     『昔を知る人が少なくなったね』
     『知るなら今のうちだね』
     彼は家系も辿ってみたいと話した。
     面白い話も聞けた。
     『昔みたいに頻繁に行き来したいね』って言ってくれた。
     本当にそうしたい。大賛成だ!!!

     なんとも云えない孤独感が蘇った。
     知らないんだ。
     本当に、細かいことを。
     知りたいと言う気持ちがわいた今、聞ける人が少ない。
     そして、自分のコトを何よりも誰よりも知っているであろう父も母も。
     幼い頃の自分と会ってみたい。
     
     
     
     

    ♪愛はあったんだよ・・・♪

    • 2008.01.08 Tuesday
    • 10:18
     昨年末に、父が急逝いたしました。

     珍しく年賀状も25日に投函しダイドコロを片付け
     ホッと一息ついた29日の朝。
     『お父さんが危篤』と実家から連絡が入りました。
     そして30日夕刻、帰らぬ人となりました。
     それはそれは静かで・・・苦しみのない最後でしたが
     まだ温もりのあるその指先は細く長く美しかった。

     器用で頭脳明晰。
     紙ヒコーキからラジコン飛行機まで、
     翼もプロペラも自分で設計から削り出しまでこなしてしまう。
     娘バカではありませんが知らないことは無いくらい。
     分からないことは何でもヒントをくれました。
     自分でみつけないと知識にならない。
     答えは自分で探せ・・・。

     1+1=2でないこと。
     国語の奥の深さも、数学は必ず答えがみつかることも。
     歴史の面白さ、宇宙の不思議。
     アインシュタインの相対性理論も父から面白さを教わった。
     (不出来な娘は理解不能でしたが面白かった)
     宇宙のはじまりや宇宙の果てはどうなっているか?とか。
     気になったことは知りたい!と思ったのもきっと父がいたからこそ。
     辞書を引くことの楽しさを教えてくれたのも父だったし
     絵を描くことの楽しさを教えてくれたのも父でした。
     この世界のどこにも線など無い。あるのは光と影。
     『お前、顔に黒い線があるのか?』と、人物や静物、風景を描く時、
     物と物の境を線で描くと怒られました。
     限りなく黒に近い白があることも、限りなく白に近い黒があることも
     本当にたくさんのコトを教わりました。
     いつも・・・そこに愛はあったんだ。
     いつも
     いつも
     いつも・・・そこに愛はあった
      

    PR

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << December 2017 >>

    Fortune-telling

    Blog People

    もじでぱ

    Green Road Project

    しりとりんご

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    recommend

    recommend

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM